せんべい、かりんとうを長崎の魚を使って、無添加で魚せんべい・さかなかりんとうを作っている長崎クリエーションです。

HOME > 開発秘話

開発秘話

魚せんべいシリーズができるまで・・

いりこ

いりこ加工場にて
おじいちゃん曰く昔はよく食べよったけんね。今じゃ歯が弱って食べられんもんなあ。

うち(我社)のせんべい機(テスト機)で焼いてみるか!

↓

原料のみで100%カタクチイワシです。天然カルシウム・ミネラルの宝庫です。

魚せんべい完成

じいちゃん曰くこら食べやすかね。これやったら食べられるばい。うん!美味しか、美味しか



魚かりんとうシリーズができるまで・・

ダシの原料で使っていたウルメイワシがある年漁獲の形が小さかった。ダシ用として出荷できない!さて、どうしよう。
炭火で焼いているから香ばしくてそのまま食べても美味しいけど・・でも、もっと何かできないか?

↓

魚かりんとう完成

炭火で焼いたウルメイワシに長崎産醤油と砂糖をからめたら子供も喜ぶおやつに変身した。

長崎で漁獲される小型の魚を使って今までに無い魚を丸ごと食べられるおやつを作っています。



炭火焼きシリーズができるまで・・

いりこ

脂がのった鯵は売物にならん。どがんしたらよかやろうか?捨(す)っつとももったいなかね!


※解説

魚の脂は適度にのっていると美味しいが脂がのりすぎてはダシ用(干物)にも酸化しやすくなり敬遠される。

↓

うち(我社)のあご焼き機(テスト機)で焼いてみるか!

↓

わー、うまか。これよかね!

※解説

魚の脂を焼くことにより旨味(アミノ酸)が増し魚臭さが無い香ばしいものになった。

長崎海味道

facebook

がんばるくんのブログ

初めての方へ
長崎の元気な海から
開発秘話
こだわり
店長からのメッセージ
おいしさの秘密
無駄な手を加えないこと
製造過程
商品紹介
海鮮せんべい
海鮮かりんとう
炭火焼き(だし)
おいしい食べ方
レシピ紹介
レシピ募集
Q&A
利用者の声
地域資源活用プロジェクト
トップページ

店長の林田です!