せんべい、かりんとうを長崎の魚を使って、無添加で魚せんべい・さかなかりんとうを作っている長崎クリエーションです。

HOME > 長崎の元気な海から

長崎の元気な海から

一般に煮干といわれているのは「カタクチイワシ」や「マイワシ」の稚魚が原料とされています。
イワシが食されていた歴史は古く縄文時代とされ、加工して食べられるようになったのは奈良時代前とされているようです。
イワシはその頃から親しまれていた魚なんですね。

イワシを原料とした煮干にはカルシウムをはじめとするミネラルなど豊富な栄養素が含まれており現代人にとっても非常に適した食品ではないでしょうか。

「いりこせんべい」は自然食品、健康食品としても評価の高い煮干を「もっと手軽に食べていただきたい」と開発されました。
長崎近海のいりこを使い、圧縮し高温で瞬時に焼き上げた香ばしさと素材そのものを活かした味に仕上げております。

長崎海味道

facebook

がんばるくんのブログ

初めての方へ
長崎の元気な海から
開発秘話
こだわり
店長からのメッセージ
おいしさの秘密
無駄な手を加えないこと
製造過程
商品紹介
海鮮せんべい
海鮮かりんとう
炭火焼き(だし)
おいしい食べ方
レシピ紹介
レシピ募集
Q&A
利用者の声
地域資源活用プロジェクト
トップページ

店長の林田です!